ペットのお墓 ワンハート・ストーン


お客様の声

埼玉県さいたま市 TO様

ルル

このたびは、色々と無理を受け入れていただき有難うございました。
5月12日に、愛犬ルルの墓石が届き、そっくりで生き帰ってきてくれた気になりました。
14日、家族皆で納骨をし、無事胎内壷に納める事ができました。
胎内壷に納めたら、益々生きていた頃のルルにそっくりになってきました。
家族皆が集まる、リビングで家族を見守ってくれています。
製作にかかわってくださった皆様に心よりお礼申し上げます。
KIMG0411 本当に有難うございました。

ルルの家族一同



埼玉県越谷市 I様

image1

先日は、遠路はるばる越谷までおいで下さり有難うございました。
ファローも京都のお坊さんがわざわざ来て頂き入魂式や納骨式をして下さりさぞや喜んでいると思います。
本当に幸せな犬です。
祐太(息子)も、初めてお坊さんとお会いしたり供養したりと、初めての経験で勉強になったと思います。
これがご縁で何かあったときには、ご連絡させていただきます。
この度はいろいろとお世話になりました。

三重県いなべ市 TI様

nend01

この度は、大変お世話になりました。
レオの製作に携わって下さった、皆様には心より御礼申し上げます。
私とワンハート・ストンとの出会いは、レオとお別れの日、斎場で手にしたパンフレットでした。
生前何もしてやれなかった...という後悔、レオと別れたくないとの気持ちから、製作をお願いしました。
粘土型を見て、そっくりだったんです!肉付きや耳の質感が。



hontai01
レオはチョコラブで艶のある子という事で、茶色の御影石を磨いて仕上げて頂きました。
レオが自宅に帰った日も、「レオちゃんだ!」と家族もみんな驚いていました。
本当にそっくりで、「お帰りレオ」と言って頭を撫でてくれました。
なので、レオは家族が集まるリビングに置き、毎日みんなに頭を撫でてもらっています。
私は…いつも一緒にいたいので、粘土型を骨壺と共に枕元に置き、一緒に寝ています。




saidan01
余談ですが、昨日レオの主治医の先生にも「レオが帰ってきました」と報告してきました。
「ペットロスの飼い主さんにも薦めようかな」と関心を持って頂けました。
たくさんの方に知って欲しい(救われて欲しい)と思っております。
本当にありがとうございました。



東京都江戸川区 TM様

IMG_8568

本日受け取りました。
何と言葉にして良いかわからないくらい感激しています。
正面から見た姿は愛兎そのものです。
彫刻技術の高さはまさに職人技ですね。
本当に素晴らしいです。
ワンハート・ストーンのお陰で、ペットロスに陥らずに済みました。
また逢えるという希望が今日までを支え、そして今日からはまた一緒に過ごせます。
細かい要望にも応えていただき、心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。
依頼した当初はベランダに設置する予定でしたが、あまりに可愛らしいので、リビングに置くことにしました。
家族と2代目のうさぎに囲まれて幸せではないかと思っています。

北海道 槌谷様

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ご無沙汰しております。
我が家の可愛い「りか」が天国に行って、あっと言う間に一年が過ぎました。
今ではどっしりとお座りしている「りか」が何時もそばにいます。
田中様にお願いし手元に届いた「りか」の石像を見たときは、生きているときの行儀のよい姿で、私も妻もとても気に入りました。
生前の「りか」は、果樹園中を走り回るのがとても好きでしたから、春から秋にかけてはサクランボ園の中に、冬は家の中に置いてやることとしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 果樹園を訪れた方々は、石像を見ても“お墓”ということには気づかず、「可愛いワンちゃんのモニュメントですね」と言ってくれます。
田中様に作っていただいた石像(お墓)は、亡くなっても身近に置きたいと言う願いを叶えてくれた上、生前の姿を再現し何時でも心が安らぐ最高のお墓です。
私たちの願いが叶えられたお墓を作っていただいて、本当にありがとうございました。

甲府市 K様

cat

本日、届きました。
プフが戻ってきたようで嬉しいです。
何度もやりとりをさせていただいた中で、
「納得いくまで、やってみましょう」とおっしゃって頂いたことが
大変有難かったです。
ありがとうございました。

岐阜県 西尾様

burogu

商品無事到着致しました。
家族全員、大感激致しております。
本当によく似ていると、皆興奮気味で、
大変喜んでいます。
この度は、本当に有難うございました。
我が家の宝として、大切にすると共に
毎日、拝礼致します。
あらためて、本当に有難うございました。

福岡県筑野市 愛犬の母様

012701

この度は愛犬の石像を作って頂き有難うございました。
愛犬が去ってから3ヶ月になりました、14歳と9ヶ月いつも一緒に過ごしてきた愛犬との別れにまだまだ悲しみは消えませんが、 愛犬の石像を見る度に心が和んでいます。

3ヶ月前に水も飲まなくなり、どうにかして水を飲ませようとした事がつい昨日のように思い出します。
幸いな事に私の腕の中で息を引き取ることが出来た事に感謝しました。

012702 その後、犬小屋の跡地にお墓を作りたいと思い探していたところ、ホームページで愛犬の写真を送れば、そのまま石像になる事を知りました。

2ヶ月後、期待通りの石像と粘土型が送られてきてあまりにもよく似ていて可愛くて、石像の方は玄関の置物として、粘土型は円形のブロックに骨壷を入れて、その上に耐候性塗装を施した粘土型を置き、お墓として使いました。
毎日家の中と外に愛犬が居てくれていると思うと、おかげで心が安らかになりました。 有難うございました。

静岡県磐田市 K様

20140109092011

連絡が遅くなりまして申し訳ありません。
先日、無事にワンハート・ストーン届きました。
画像で見るよりも、あまりに愛らしく面影があり感動しました。
見れば見る程、似ていて、あの頃のように、すぐそこに居るような気さえします。
庭にと考えていましたが、とっても可愛いので、外に出すのが可愛そうになってしまい、団欒の中に座っています。
ワンハート・ストーンになった今、そっくりな子を見て、微笑んだり、話しかけたり、初めて家族になった時のような
歓迎ぶりで、家族皆が癒されて、温かい気持ちになりました。
係わって下さった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
メールでは失礼かと思いましたが、本当に有難うございました。
何かと慌ただしい年の瀬ですが、どうぞご自愛下さいまして、穏やかな新年を迎えられますよう、お祈り申し上げます。

カールママ様

カール

秋の名月 十五夜に依頼していた、カールのストーンが届きました。
お月様もとても綺麗で、嬉しいお月見になりました。 さっそく箱を開けました。
第一声は「かわいい~!!」 画像で見ている時よりも、感動がありました。 カールに会えたような気持ちになり涙がこぼれました。
今回、セミオーダーでお願いした際に、再三の修正依頼に快く応じてくださりありがとうございました。

田中様、彫刻、着色の方々のご尽力により カールに限りなく近い状態に仕上げていただき、 メールで見ていた画像では 気づけなかったほど、温もりを感じるような仕上がりになっていて、 実物を見れば見るほど、カールが戻ってきたような気持ちになり、 本当に感謝しております。
ありがとうございました。
ワンハート・ストーン様には 愛するペットを失った方々が笑顔になれるよう、 益々のご活躍、期待しております。

茨城県つくば市 瀬戸様

img01

ご無沙汰いたしております。 こちらは桜の花も盛りとなりましたが、京都の桜はますますでしょうね。
マーチとみらいのツーショットはいかがですか? ご近所の方々から「この体型、みらいにそっくり!」と驚かれています。 みらいの笑顔は私達家族にとって何よりの癒しでした。この笑顔がまた我が家に戻ってきてくれて感無量です。 マーチが亡くなった後にみらいが我が家に来たのでこの子達同士がこの世で会ったことはありませんが、お墓を揃えて置くことができたので天国で一緒に遊んでいることでしょう。
田中様、製作してくださった皆様に心より感謝もうしあげます。 今後もますますのご繁栄ご活躍をお祈り申し上げます。

埼玉県N.T様

img02

ラブの石像 とても素晴らしく、本当のラブのように見えました。
石膏の時にこれ以上は無理なんだろうと少し諦めていましたが、手元にきてまるでラブが帰ってきたような気さえしました。 これだけラブらしくなったのであれば、チップもフルオーダーで作ればよかったかもと、ちょっと後悔していますが、それでも体内に遺骨を入れてあげたらこちらもチップに見えてきましたので、これからこの子たちをラブとチップだと思って、そばに置きたいと思います。 いろいろありがとうございました。

神奈川県 正木様

img03-1

昨日、作成していただいたお墓が、無事届きました。
ちょうど、七夕の日にあわせた贈り物のようで大変感謝しております。
本当にありがとうございました。
ムサシが9歳3ヶ月という一生を終え旅立ち、明日、7月9日で、四十九日になります。
愛犬の最期を看取ってあげることは、飼い主の勤めであるとは判ったうえでムサシとの生活をすごしてました。
いつか必ず、この日が来るとは判っていながら、考えたくない思いのまま、毎日を幸せにすごしていました。
彼からは、本当にいろんなことを教えてもらいました。
我慢すること。思いやること。怒らないこと。楽しむこと。
言葉で書ききれないほどのいろいろな思い。
人間の言葉はしゃべれなくても、こちらの話はきちんと理解していて、
嫌いなお風呂に入れるのに、「ムサシ、お風呂はいるよ!」って口にすると、部屋の隅っこのソファを、まるで隠れるように穴堀りして逃げようとする姿を今でも懐かしく思い出します。
やわらかい毛、温かい体、優しい目体は亡くなってしまいましたが、彼の残してくれたものはいつまでも私や家族の心の中で生き続けています。
img03-2 玄関で、家人の帰りを待っていたときの姿にそっくりで、思わず、まるで、ムサシがそこに居るように感じてしまいました。 今、庭の一角にお墓を設置するスペースを作成中です。周りには、ひまわりの種を植えて、だいぶ育ってきました。
長々といろいろ書いてしまいましたが、お礼を兼ねて、到着のご報告をさせていただきたく、メールで失礼と思いましたが、ご連絡させていただきました。
暑い日が続くようですので、くれぐれもご自愛下さい。
ありがとうございました、失礼いたします。

愛知県 H・A様

img4

このたび、色々お世話になりました
耳の大きさ・舌を出した表情・リボンの色、ワンハート・ストーン 田中様にお願いして、本当によかったと思っております。
この先、パコも一緒にお墓へとの思いが、叶える事ができますこと心から喜んでおります。
天国に旅立ち、お位牌を見つめながら寂しさに沈んでおりましたが、ワンハート・ストーン(パコ)が自宅に届き、その時からパコが私達の元に戻ってきたような、そんな気持ちが沈んでいた気持ちと入れ替わり、今は家の中心にいて、私達を見守っていてくれますし、話しかけることも出来ます。 有り難うございました。
1人でも多くの方が、ペットを亡くされ、悲しみ、寂しさから早く立ち直る事が出来ますように、ワンハート・ストーンで癒されますように・・・・お祈り申しあげます。

東京都 仲野様

img5

今日無事に納骨をいたしました。
感応寺のご住職に丁寧に供養をしていただき、家族一同感謝いたしております。
また初めてパンのお墓を見て、そっくりなのにびっくりいたしました。
パンが「みんな何してるの?」と問いかけているようで本当にありがとうございました。頼んでよかった!と心から感じています。

お墓を捜しているような方にぜひご紹介したいと思います。
田中様もお体を大切に。
京都に行く機会がありましたら、正念寺に立ち寄らせていただきたいと思います。

愛媛県 坂本様

img06

自宅の庭に置いてあげようと考えておりましたが、
かりんは、未だ家の中で家族に囲まれて鎮座している状態です。
いざとなると、外に出す事が出来ずにいて・・・
たぶん来年の一周忌が終わるまではこのままになると思います。
サンプルの粘土も捨てる事が出来ず一緒に並んでいますし、
大好きだったお散歩のリードが首に掛けてあげています。

奈良県大和郡山市 吉本様

img5

こんにちわ。
6月の依頼より10月末まで長きに渡り無理難題を押し付けたのにも関わらず、快く受けてくださり有難う御座いました。
今でんすけは、お気に入りのリビングの日の当たる大好きな場所で私を
眺めてくれてます。
まるで今にも歩いてきて体を擦り付けて、
「ねえ?僕いい子やろ?母さん 元気なった?」って来てくれそうです。
はい!元気になりましたよ!でも涙がでてきます。 でんすけが居てくれるから!
主人は、後ろ姿気持ち悪いくらい似てると・・
娘は、久々に帰ってきた、でんすけを見て涙がでたそうです頭をなぜて、
「おかえりなさい!」と・・
今は「ただいま!でんすけ!」と頭をなぜてます。
のりたま(猫)は、でんすけの頭をペロッ!田中さんや、スタッフの方へ、「これは、でんすけじゃないんです」 と、嘆き節ばかり。
一緒に暮らしていたわけじゃないんだから、難しいはずです。
それなのに何度も何度も修正に応えてくださり私達の元に、でんすけを
連れて帰ってきてくれました。
本当に有難う御座いました。
粘土型の方は枕元に連れていき毎晩傍にいます。

茨城県つくば市 瀬戸様

img06

このたびは、色々とお世話になりました。週末、自宅に戻ってから早速開封し、対面いたしました。やはり、実物を目にすると実感が湧いてくるものですね。数日かけて安置場所を整えました。
納骨は正直苦労しました。。。マーチの遺骨が多かったようで、細かく砕きながら時間をかけて押し込んで何とかやっと蓋を閉めた次第でしたが無事納めることができました。毎日、マーチの頭を撫でてお水をあげて、お花に水をかけることが新しい日課として加わりました。ご近所の方々からもマーチを懐かしむ声をかけられるようになり、とても嬉しく過ごしております。マーチの製作にかかわってくださったスタッフの皆様に心よりお礼申し上げます。 誠にありがとうございました。

兵庫県姫路市 隅田様

img5

我が家の愛犬アグリの生前の姿をそっくりに作って頂いて有り難うございました。いつも出かける時『アグリ行って来るネ、留守番頼むネ』と声をかけて出かけます。
亡くなって1年と4ヶ月になります。時々アグリに似たゴールデンを見ると涙ぐみますが、ワンハートさんのおかげで悲しみも少し柔らいでいる所です。いろいろお世話になりました。有り難うございました。

京都市右京区 高橋様

img06

ワンハート・ストーンとの出会いは、類と一緒のお墓にと願った事から
すべてが始まりました。亡くなった事が認められず、空虚な日々を送っ
ておりましたが、
取扱店さんとの奇跡的な出会いでペットレスからも解放され、死を素直
に受け止めることが出来ました。お墓に行けばいつでも類に会え、又会
話も出来る事に感謝しております。
類は360度どこから見ても類なのには期待以上でした。置物感覚でな
く愛犬の分身のように扱って頂いた事に深く感謝いたします。
今後のご発展をお祈り申し上げます。

東京都世田谷区 赤井様

img5

愛犬ミルのワンハートストーンの製作に、誠意をもって関わって下
さった皆様に心から御礼申し上げます。
彫って下さった方の愛情をも感じる心のこもった仕上がりに、大変満
足しております。
現在、私の一日は、朝いちばんに生前の面影を残すミルの身体に腕を
まわし、頬ずりしてから始まります。ストーンとはいえ、ちっとも冷たさは感 じません。むしろ温もりを感じて癒されております。
一人でも多くの方が、ペットを亡くされた悲しみや寂しさから早く立ち直られますように・・・またワンハートストーンで癒されますように・・・お祈り申しあげます。

東京都世田谷区  渡辺様

img06

お礼や近況報告が遅くなってしまってごめんなさい。
ワンハートストーンはななちゃんとそっくりで、とても感謝しています。
ななこの親友だった、ちびくんという猫がいるんですが、その子は何か
ショックなことがあるとお墓の前で寝て癒されているみたいです。
その写真を撮ったので添付させて頂きます。
今は、リビングの一番目立つ所にななこを置いています。ほんとにワン
ハートストーンにしてよかったです!
また、感応寺にお参りさせて頂きます。

埼玉県さいたま市  佐藤様

img5

家族を見渡せる居間のたんすの上に祀りました。ゆったりとご機嫌な顔をしながら寝そべっていた姿にそっくりです。ふと見るとまるで生前のゴン太がそこにいるみたいです。

埼玉県さいたま市  河村様

img06

昨年は大変お世話になりましてありがとうございました。 かわいい姿を立派に再現していただいて本当にうれしく思っております。お蔭様でいつも一緒にいます。

兵庫県あわじ市 倉本様

img5

私が毎日の日課としていた御大師さんへのお参り。その時、いつも一緒に霊場までの階段を登ってくれた二匹の犬がいました。そのうちのシロが亡くなりました。出逢って10年目のことです。「何か御礼をしたい」そう思い、あちらこちらの石材店さんに出かけては犬の置物を見て回ったのですが、中々気に入ったものに出逢えずにいました。そんな時、新聞に記事が載り、早速尋ねてみると可愛いワンちゃんや猫ちゃんが沢山置いてありました。その場で亡くなったシロと、まだ元気なワン太郎の制作をお願いしました。小高い丘の上で、いつまでも二匹一緒です。

東京都渋谷区 佐藤様

img06

生前のゾーラの面影を残す、かわいいワンハートストーンを作って頂きまして本当にありがとうございました。大変感謝しております。正直、未だに生前のゾーラの写真を見たり、ゾーラの事を思い出すだけで、動揺して涙が止まらなくなる状態です。でもワンハートストーンのゾーラを見ている時は気持ちが落ち着きます。かなり長文になり、恐縮ですが、私の事例が、誰かのお役に立てたら幸いです。

■ゾーラとパンタ
生前、ゾーラがリンパ腫(癌)と分かってから、何度も何度ももし万が一の事があっても、生まれ変わって、また私のところに来てほしいとゾーラにお願いをしておりました。癌が発覚してから、10ヶ月もがんばって生きてくれたから、その事についてゾーラと話をする時間はたくさんありました。旅立つ数分前、苦しがっていたゾーラは急に弧を描くようにウロウロ歩きだして、突然立ち止まり、数十秒ほど空を見上げて、身動きしない時間がありました。そしてその数分後、2008年8月12日、7時10分、私の手の中で旅立って行きました。
火葬する時には生まれ変わったゾーラと再開する日時や場所(ゾーラと出会ったペットショップ)を記載した手紙も一緒に火葬しました。
あの時はそうでもしないと、私自身、亡くなったゾーラの肉体から離れる事もできない程、悲しくて、悲しくて、呼吸も出来なくなるほどでした。私にとってゾーラは娘であり、友であり、母親のような存在でした。ゾーラと出会った時から覚悟はしていたものの、いなくなったこと自体が、理解できるようで理解できなく、一人で家にいるとゾーラに会えない事がただ、ただ悲しくて涙が止まりませんでした。そしてゾーラとの約束の日、2008年10月19日、ゾーラを迎えに行きました。ゾーラと約束した場所、ペットショップに到着して、たくさんのフェレットを見た瞬間、そこにゾーラはいないと改めて感じました。30匹程いるフェレットの子供を1匹ずつ見るまでもなく、ゾーラの気配を全く感じない、 そこにはいないとはっきり分かりました。「きっと色々事情があって、ゾーラは約束の日時に間に合わなかったんだ」と思いました。でもせっかく来たんだし、数日前にゾーラの夢を見た時に、手と頭の部分が黒いフェレットに生まれ変わっている夢を見たので、そういうフェレットが居ないか、探し始めました。何匹が抱いたりしているうちに、パンタ(後に家の子になる)を見つけ、寝ているパンタをだきかかえました。 
img5
するとパンタは私にすぐに寝ぼけながら甘えてきて、顔を私の腕に埋めてきて、私の手を小さなパンタの両手でしっかり握りしめ、指を甘噛みしだし、指中ベタベタになりました。抱き下ろそうとしても、今度は私のネックレスに絶妙なタイミングでしっかり噛みついて、抱き放そうとしても離れませんでした。何度かそんな戯れを繰り返す内に「この子はゾーラの生まれ変わりじゃないけれど、私をこんなに好んで選んでくれたんだから、この子とも一緒に生きよう。」と思いました。

ペットショップからパンタを連れ帰る途中、数分も経たないうちに、パンタがあまりにも切ない声で鼻を鳴らすので、私は目の前にあった公園のベンチに座って、箱から出して、パンタを抱っこしました。そして、パンタに話しかけてみまた。「ゾーラ?ゾーラなの?」するとそれまで落ち着きの無かったパンタの動きが急に止まって、何十秒も空を見上げていました。涙が溢れでました。動揺してパンタを抱っこする事もでき無くなるほど、 涙が止まりませんでした。そしてその時、気づきました。ゾーラはずっと、亡くなってからずっと私と傍に、ずっとずっと一緒だったのです。生まれ変わるなんて、そんな器用な事なんて出来ず、ただ私の傍にずっ と居たのです。

img06 その後もパンタがゾーラを感じているのは分かりました。家に帰ってパ ンタと一緒に戯れている時もゾーラにでも教わったかのように家の使い勝手をよく理解して、何のしつけもないまま、ゾーラが好んで遊んでいた場所にはパンタも好んで遊び、ゾーラが好んで悪戯していたものにはパンタも好んで悪戯をします。そしてゾーラとの違いとして、パンタは、私が行くとこ、行くとこ、飛び跳ねて付いてきます。台所に行けば、台所にきて、バスルームに行けば、バスルームに来て、椅子に座ると、そこによじ登って来ます。まだ一緒になって1か月も経たないのに、小さな体で必死に、私と居るのが1分でも惜しいように、私に付いてきて、飛び跳ねて私の足にしがみつくのです。ゾーラはここまで私にくっ付いて、来ませんでした。でもこの必死にくっ付いてくる様子、心当たりがありました。ゾーラは外出時に怖い事があったり、病院から退院して迎いに行った時、瞳孔が開いて呼吸と心臓が止まり、私の人工呼吸と心臓マッサージと呼びかけで戻って来た時、そんな時は必ず、急に気が小さくなって私にしがみ付いて来て、私の後を追うのでした。

パンタを見ていると年取ってからゾーラが出来なかった分、パンタがゾーラの代わりに、元気な体に喜び、飛び跳ね、私にしがみ付いているように思えて、何とも言えない切ない気持と愛おしさが込み上げ、その度に涙が溢れました。