ペットのお墓 ワンハート・ストーン


43の春

2007/03/16

 遂に43になってしまった・・・』というのが目覚めた時の感想か。
30を過ぎ、世間からかりにも坊さんとしての扱いをうけ、一宇の住職として
姿だけでも坊さんらしく等と思った頃から強く意識した自分の43才。
 浄土宗の開祖・法然上人が『南無阿弥陀仏』の六字の名号を持って、一宗を
開かれたのは御歳43才の春。すなわち承安五年(1175)、今から832年前の
春のこと。そこに至までのご苦労は、私如きには語る資格すら無い。

 物心ついた時には寺の子。成長して坊さんになっても、それが職業とは
思えず、表現が多少変だが、仕事もしないのに収入(布施)があっていい
のか?という葛藤は常にあった。
 逆にそれはプロなんだから、何でも出来なければプロの坊さんでは無い
と思った時もある。しかし現実には向き、不向きや、その人の得意、不得意
の問題もあって、その先にあるのは坊さん同士の誹謗中傷しかない。例えば
『お経が下手』『説教の出来ない』等々。自分の得てを逆さにとって、他人
を責めるのは簡単なことである。
 その人に合った坊さんとしての道は必ずある。それを見つけて行動に移し、
その結果、誰かが喜んでもらえれば充分である。
 
 世の中が凄いスピードで変わっていく、でも政治や社会構造がどんなに変わ
っても変わらないものもある。今から2500年前にお釈迦様が説かれた仏教の
教えは変わらないし、800年前に説かれた浄土宗の教えも変わらない。間違っ
ても本山が六本木ヒルズに移転することはない。その普遍的なものを、頑固な
までに継承していくのが我々であるのだが、間違っていはいけないのは、その
方法論。すなわち布教活動のやり方ではないのか?
 例えば、人類は長い間、餓えと戦ってきた。世界規模で見れば餓えは今も重要
な問題えある。でも今の日本で餓えている人はどのくらいいるのか?ただ単純に
『お念仏を唱えれば救われますよ』と言って通用するのか?と言うことである。
  
 まあ言い訳はこのくらいにして・・・。
 今の自分を見た時、想い描いた43才像には程遠い自分ではあるが、次の目標に
向かって軌道修正をして、また新たな自分の将来像に向かって頑張るしかない!
 それが43才を迎えた2007年3月16日の想いである。
  

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿