ペットのお墓 ワンハート・ストーン


2010 夏の終わり

2010/08/30

残暑が厳しい毎日です。

とはいえ、地蔵盆(8/24)を過ぎると、少し秋の気配です。


そんな秋の気配を感じたくて夕刻、

打合せに多少時間が空いたので嵐山まで出かけました。

渡月橋の辺りは、赤とんぼが飛んで、涼しい風が頬をかすめていきます。

夏を名残惜しむかのように、浴衣姿の若い女性の姿も。

少し足を伸ばして嵯峨野へ、

ここには真言宗の本山大覚寺があり、

時代劇なんかで大名屋敷の門の撮影に使われます。

同じく大沢池、広沢池があるところです。

嵯峨野の風景は、夏の終わりと秋の気配を一番感じられる京都かもしれません。

母が元気な頃、月に一度華道の勉強に大覚寺まで来ていました。

その都度、逢いにきてました・・・・懐かしいです。


夏の終わりは何かと物思いにふけってしまいますが(笑)

その感性を大切にし、仕事に活かしていくのが我々の仕事です(^_-)-☆


確実に秋はそこまで来ていますよ>^_^<



コメント

おぬし何やら感傷的じゃなぁ、いかが致した。
迷いは人生の肥やしと敵、消化してしまうがよい!

2010/08/31 22:51 | papa

papaさん
この時期は井上陽水の『夏が過ぎ~風あざみ~』の歌声が頭から離れ
ないのですギャハアアア(^_-)-☆

2010/09/01 17:57 | 龍

コメントの投稿