ペットのお墓 ワンハート・ストーン


賢い奴と馬鹿な奴

2008/02/07

当時・・・・正直に告白すると、私は唄も楽器も極めて下手である。しかし【バンド経営】という点においては、そうでもないと自負している。アマチュアと言えども、ライブをやる以上お客様が入ってナンボの世界。簡単には真似の出来ない楽曲、ライブを展開していたと今でも思う。

で、その頃、とてもとても不思議に思ったことがある。それは・・・ 例えばベースでもドラムでも何でもいいが、まだ初めて2年とか3年なのに、やたらと上手い奴がいて、こっちは何年もやっているのに一向に上手くならない。才能というのもあろうが、それでも努力という名の練習には敵わない筈なのだが・・・。それでよくとく考えて解ったことは、私のような馬鹿な奴は、ただ単に【好き】という理由でガムシャラに練習する。ところが賢い奴は、【どうしたら上手くなれるか?】を研究して、その最短距離を行く。この違いだと。

ところが馬鹿は同じ失敗を幾度となく繰り返すのである。今でこそインターネットが何か?ペットメモリアルってどんな事業なのか?石材彫刻ってどうするのか?多少なりとも理解しているつもりだが、事業開始当時はただガムシャラに走りに走ってきた。今振り返ると、この数年の間、それまでと同じように随分と無駄と遠回りをしたものだと。

しかしである。これまた不思議に【ペットメモリアル事業】という点においては、他社が簡単には真似の出来ない商品力、ビジネスモデルを構築してきたと自負している。

現場においては、必ずしも馬鹿が負けるとは限らない!のでは?(笑)

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿