ペットのお墓 ワンハート・ストーン


藤棚

2008/04/26

常福寺さんの藤棚が見頃でした。世田谷区烏山の常福寺
(http://www.joufukuji.com/)
の境内には見事な藤棚があり、今年は丁度ゴールデンウィークが見頃との事です。
近くの方は是非行ってみてください。このお寺は通称『タヌキ寺』と言われる程、
タヌキの置物が多い。関西の滋賀県信楽焼のタヌキがこれだけ揃っているところは、
窯元を別にすれば、日本でココだけじゃないでしょうか?

さて・・・
若い頃は他人が自分をどう思っているか?という他人の目線や評価というものを
少なからず気にしたりもした。また『あの人がこんな事を言ってたよ』の類いの
【情報?】などを気にしたりもしたが、いつ頃からか悪い評判を聞くことが大変
体力のいることだと思うようになり、直接本人から聞くこと以外には関心を持た
ないようにした。【怒る】【怒る】という事は大変体力のいることではないか?

最近、ワンハート・ストーンの物真似商品も出回るようになり、そこそこ業者さん
には認知されてきたのか?ある石材店さんはメールで代理店の資料請求をされ代理店
を受けてくださる。ある石材店さんは資料請求後、まもなく良く似た出来の悪い商品
を【自社商品】として販売される。
若い頃なら激昂して出向いて、怒鳴りつけたかもしれないが、今はそんなことに怒る
体力を使うほうが疲れる。あまりドが過ぎると法的手段も辞さないが、石材店
にはそんなことより出入りのお寺さんから注意してもらうほうが余程効果はある。
『お前もう、うちの寺には来るな!』とばかりに。

それにここまで来るのに計画段階から数えれば4年。いろんな壁に当たったが、それ
を乗り越えて来た。クレームもあった。『似てない』『写真と違う』
納期遅れもあった。それをカバーしてくださったの販売代理店さん。お客様のところ
へ出向いて詫びてもらって嫌な想いを・・・・。ホントに申し訳ない。
ホントはもっと怒られても当たり前のところを、こちらが『和尚』ということなのか?
それでも注文を出していただいて、そのなかで私も製造する人間も成長してきた。

彫刻をしらないバカが、俄仕込みで真似をしたところで、最初のひとつは出来ても
次の二つ、三つは出来ない。そのうち北川さんの居場所を突き止めて、そこへお願
いするのが関の山です。でも北川さんは受けませんよ!なぜなら自分のスキルをここ
まで上げて下さったのは代理店だということを一番知っているから。

余談ですが、私の先祖は、長州(現在の山口県)の人で、伊藤博文のもとで通訳を
したそうです。我が家はその長州の気質が色濃く残っていて、あまり穏やかなほう
ではないので・・・。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿