ペットのお墓 ワンハート・ストーン


組織

2010/03/12
若い頃(今でも充分若いです)とある大組織の略中核に居て

見て感じた事です。


1)組織の利益を第一に考える人

2)組織に居て自己の利益を第一に考える人

3)組織に居て何も考えない人

まあ、様々です(笑)



で組織には中核を担う人が居て、

この人達は本来、志や方向性が同じじゃないといけないのですが、

これが纏まらないのが組織です。



民主党然り(笑

自民党然り(笑

そしてかく言う私も然り。



他人と共存して共栄していくのは大変難しいことです。

そこでいつも思うのは、

ルールや規律も大事ですが、

もっと大切なのは、モラルや道徳といった

言うまでもない当たり前の事であると思うのですが、

実はこのモラルや道徳の意味合いそのものの受け取り方が

随分と変わってきているように感じます。

そこに軋轢や摩擦が生まれます。



しかし社会が不安定になれば成るほど、より安心の出来る

安定力のあるところへ人は流れていくもの然りです。

秀吉の時政に不満を持てば家康へ

徳川幕府に不満が溜まれば倒幕へ


自民党が嫌なら

民主党へ



組織の中枢に居る人が常備しておかないといけない心得は、

主導権を持っているのは、常に選ぶ側にある大多数の【善人】であるという

普遍的な事実だと思います。


コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿