ペットのお墓 ワンハート・ストーン


禁煙報告

2009/02/18

禁煙して35日を迎えました。
未だにタバコを吸いたいと思う時はあります。
といっても、我慢出来ない程ではなく、
タバコがなくて全然平気なレベルです。

先程、禁煙希望のO氏と、そんな話しになったので、
個人差はあるでしょうが、私の禁煙方法を少し。

まず禁煙は一刻も早くニコチンを抜くことが
結果早道と考え、ニコチンガムやニコチンパッチン
などの禁煙補助剤は使用しませんでした。

当然強烈な禁断症状(離脱症状)との正面対決が
待っているのですが、私の場合、よく言われる
やめた翌日から一週間くらいまでは、
『頭がボーとする』『眠気』『しびれ感』などの
症状は見られたものの、それは『辛い』と感じる
程のことはなく、むしろ体内からニコチンが消えて
いくような、爽快感すらありました。
ですから『吸いたい』という欲求はあるものの
我慢出来ないレベルではありませんでした。

それが22日目。
丁度病院で検査を受けた帰り道、体調のことや仕事上の
トラブルなど、それは普段なら一服吸うことで落着かせたり、
容認したり、受け入れたりしていたことが、
『吸えない』という束縛感からか、禁断症状の最たる
『吸えないイライラ感』に覆われました。
当然、親しい人に当たったり、
普段なら聞き流せる言葉に引っかかったり、
さらに精神的に追いつめられて・・・。
今思うとここが一番キツかったと思います。
そして一度、こういう感覚を経験すると
『我慢する』という気持ちになり、
余計に吸いたくなるのです。

そこをどうやって切り抜けたか?
28日目に病院で受けた肺機能の診断結果です(笑)
簡単な例えですが、1ケ月の禁煙で
吸う機能が、4~8歳分若返っていました!

何時も言うことですが、
『結果』は安心・信頼・そして明日への活力を与えてくれます。
禁煙も仕事も家庭も恋愛も基本は同じではないでしょうか?
禁煙はその結果が簡単に顕著に現れる自己チャレンジです。
自信を得たい方には、是非お薦めです!

そんな訳で3月の初めには、京都で非公式会議の予定です。
夜の宴席では、吸われる方もおいででしょうが、どうぞ気兼ねなく!
では。


コメント

order viagra online

2014/12/27 02:21 | Barbi

cheap car insurance in

2015/01/07 01:51 | Vicki

コメントの投稿