ペットのお墓 ワンハート・ストーン


甲斐性

2007/06/09

今日、叔父の葬儀式でした。
出会ってから36年が、あっと言う間に過ぎてしまった感じがします。
売れない女優(ごめんなさい)だった叔母の婚約者として紹介されたその人は、テレビ局のカメラマン。ジーパンが良く似合う男前は、六十四で亡くなるまで『兄ちゃん』。
本山に奉職して数年が過ぎ、有頂天になっていた頃、この叔父に『男の甲斐性とは、家族が明日の不安なく暮せること』と教えられた。今日、その言葉を自分なりに噛み締めて、祭壇の前に座った。叔父が『龍彦!トップの甲斐性は、スタッフが明日の不安なく、仕事に没頭できること!』と元気だった頃の笑顔で語りかけてきた。

今日はからまた気持ちを切り替えて、前へ前へ進みます。
 

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿