ペットのお墓 ワンハート・ストーン


春だね

2009/03/01

『二月は逃げる、三月は去る。』
早いですね~
季節は春、旅立ちの時です。

過日、還暦を迎えた小売業の社長さんが
久方ぶりにお見えになりました。
若い頃から目をかけて頂いて、
大変お世話になっています。

業界では地域の最大手ですが、数年後には廃業する方向で、
来期からその準備にかかるとのこと。
これもある意味旅立ちです。

食事をしながら、思い出話しもそこそこに、
漠然とした質問を投げかけました。

『世に中いろんな人がいるが、大半は善人のハズ、
 ならば誠意ある対応をすれば、
 そう大きな失敗をしないのではないか?』


これ、私の持論であります。

残念ながら最初から、騙すこと利用することを目的に
近づいて来る人もいます。
それで時に大損をすることもあります。
心傷付くこともあります。
それでも、
まずはこちら側が相手を信じないと、
何事も前へ進まないと思うのです。


社会が混沌とし、先行きが見えない今、
孤独がさらに不安を募ります。
強い意志を持って相手を信じる。

起死回生の切り札は、
案外そんなところにあるように思えるのです。

さて!
季節は春です。
昨日までの自分は、逃げていく二月に置き去りにして、
気持ちを切り替えて、頑張ります。

コメント

何度か規模の違いはありますがお寺の改修を手がけてきて、結論は一切の交渉をしないで相手業者に任せると云うことです。
其処にほんのチョットした駆け引きは必要ですが、その方法が業者の最高の技術を引き出せます。

大きな買い物をするときは、中途半端な知識でつまらない交渉などしない。
私の場合は常に所謂「ミズテン」です。
その方が売り手にプレッシャーをかけることが出来ます。
勿論其処にもほんのチョットした駆け引きは必要ですけどね。

自分が売り手に回った場合を考えれば・・・無条件に自分の全てを投げ出してくる相手は、決して裏切ることが出来ません。

自分の洞察力であるとか問題処理能力、或いは自分そのものに自信が有るなら、胸を張って無条件に相手を信じる・・・それが最高の交渉力であることは間違いないですね。

2009/03/01 18:35 | 髭

髭さん
もし大多数の人間が悪人であるならば、人類なんてとっくに滅んで
いたハズだと思うのです。
大多数の人が善人であったればこそ、宗教や道徳という文化が継承
されてきたわけですから、その歴史を見つめた時、やはり信じないと
いけないのでは?等と思うのですよ。

2009/03/02 15:00 | 龍

auto insurance

2014/12/30 03:00 | Foge

instant home insurance quotes online

2015/01/27 22:06 | Lenna

コメントの投稿