ペットのお墓 ワンハート・ストーン


捨てる勇気

2008/11/01

経営者に必要な要素として
ビジョン/情熱/決断力/行動力
と良く言われるが、当たり前のことで
最も必要な要素は『捨てる勇気』だと思う。

これは会社経営に関わらず、人が何かを強く強く
切望した時、本来なら其処しか見えないハズで
あるし、それ以外の事やモノは欲する気持ちなど
あろうはずが無い。ましてや家や車、時計に鞄に
靴など欲しい筈がない。

加えて人は等しく1日、24時間しか与えられていない
わけであるから、それに注力する時間を惜しむはずである。
少なくとも同好会や○○会に入って、将来の布石とか人脈作り
などという寝言は言わないはずである。

もしそうでないなら、もう一度自分の胸に聞いてみよう。
どの程度、その目標に対して渇望しているか?

彼の坂村真民先生の『念ずれば花ひらく』の句。
念とは、ある想いが強く強く固まって揺るぎない
想いになった心の状態。
そうすると人は行動を起こす。念に裏付けられた
行動は如何なる困難にも屈することが無いから、
その想いは、やがて咲くのである。

しかし現実には、我々は無意識のうちに
身も心も一杯、一杯の生活を日々送っていて
そこへ何か新しいものを入れようとすると、
無理がある。だから何かを捨てないといけない。

ところが一旦手に入れたものは中々捨てられない。
だから何とかごまかそうとする。他人を利用しよう
とする。そんな人は案外多い。

コメント

連続で、難しい内容のブログが続きますね。
「捨てる勇気」は、いろんな意味で、本当に難しい
ですが、経営者は思い切った決断を下して捨てなければならない時がありますね。タイミングが重要
だと思いますが、いかがでしょうか?
経営セミナーブログに変わったりして・・・

2008/11/02 01:41 | 桜

桜さん
経営セミナー?釈迦に説法になってしまいます(笑)ただ本質は会社経営も寺院管理も家庭も同じだと思いますね。一事が万事です!

2008/11/02 14:13 |

コメントの投稿