ペットのお墓 ワンハート・ストーン


思い出し笑い

2011/04/29
世間はゴールデンウィークです。

3月末から毎週のように続いた供養祭も一段落、

残すは5月15日、静岡県は宗徳院さんです。


もっとも、この連休中は私の寺をはじめ、

近隣寺院の『施餓鬼法要』が営まれますので、

あまりゆっくりも、していられないのですが。


さて、この春の供養祭で、

面白いことがあったのでご報告を、

今、思い出しても笑います。



今回の供養祭は

『精一杯生きる事って、具体的にどういう事』

をテーマにお話しをしています。

そのイメージとして、

woh woh』という曲を歌うのです。

作詞・作曲は、もちろん小田和正!


その珍事は、ある会場でのお客様の会話です。


お客様『お上手ですね!』

  私『有難うございます』

お客様『本物の”さだまさし”みたいでしたよ!』

   私『はあ~?・・・(・_・)エッ..?・・・・(あの~さださんじゃないんですけ・・・)』

お客様『次もさださんの曲歌ってくださいね!』

   私『はい・・・(・_・)エッ..?・・・・(あの~さださんは歌わないんですが・・・)』


でも・・・・。

秋は精霊流しか案山子でもやるか?無理だ・・・出来ない。


それにしても、さだまさしに似てるって?


何故か素直に喜べないや~(∋_∈)


コメント

まぁまぁ 笑

小田さんご本人も、ご当地紀行で
おばちゃんから「さださん」と間違えられていた事があったのを思い出しました(笑)

案山子もいい歌ですね。
個人的には、「親父の一番長い日」「雨やどり」が好きです^^
あっ、供養祭にはふさわしくない歌ですが(^_^;)

2011/05/05 00:05 | 秋桜

秋桜さん
 歌えないです・・・

2011/05/05 16:27 | 龍

コメントの投稿