ペットのお墓 ワンハート・ストーン


彼岸法話

2007/03/22

さすがにお彼岸中は普段のようにはいかず寺行事に奔走する。
この時期は他のお寺さんにお話に出かける機会も多く、この春彼岸もまだ2ヶ寺頑張らないと終わらない。で最期が25日に行なわれる世田谷・感応寺さんの動物供養祭のお話。

感応寺の成田住職は、それまで檀家も無く、其処に寺があることすら近所の人が知らかった寺を、3年で人が集まる寺に変えていった経営手腕の持ち主だが、同時に仏教や経典の勉強も怠らず、正直やりにくい相手である。
さてさて動物の供養を浄土宗的に持っていくか?それとも飼い主の心情的な部分を重視して持っていくか?何とも難しい選択である。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿