ペットのお墓 ワンハート・ストーン


彼岸に思う

2008/03/20

今日は彼岸中日。さすがに朝から今まで坊さん三昧でした・・・。
彼岸を前に少し考えさせられたニュースが・・・。人の価値をお金に換算したら幾らになるのか?
昨晩、某テレビニュースを見ていたら、東京都が街頭での水商売へのスカウトを禁止する
条例を云々というニュース。
所謂キャバクラ等の店へ、街頭で女の子を勧誘する【カラス族】と言われる活動を禁止する条例のニュースで、ある若い男性がテレビの取材に答えていたシーン。
その若い男性はカメラに向かい
『相手を女性なんて思っていない。商売道具だから・・・云々。』
記者の
『相手が迷惑がっていますが?』『摘発されても?』などの問いに
『摘発されても儲かるから・・・』

さて、この男性が『儲かるから』と答えた年収は3000万。確かに高額ではあるが、果たしてテレビに堂々と出て、親、親族、末代にまで恥を曝して得る対価として考えたら、どうなだろう?3000万は少なくないか?
そこで今の自分に置き換えて、もし家族も寺も会社も掘り出して、街頭でキャバクラ嬢のスカウトをするとした場合、その対価は、自分の価値は幾らなんだろう?
そうだな~?3兆円くらいの報酬があるなら、人生引き換えにしても惜しくないかな?
等と馬鹿げたことを思いながら布団に入った。

もし世に中に『平均』といわれる生活水準があるとすなら、そこの少し下か、少し上くらいが丁度良い。
今から2500年前にお釈迦様が最初に説かれたと言われる経典【初転法輪経】の一説に
『偏離処中』という教えがある。偏らず丁度良い中道を行くの意味。
さあ明日は奈良へ行きます!

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿