ペットのお墓 ワンハート・ストーン


小沢一郎という人

2010/09/14
実はこっそり小沢総理誕生を期待していたのですが

残念な結果に終わってしまいました。


この小沢一郎という人に最初に興味を抱いたのは、

1993年の自民党離党、そして非自民連日政権成立の時からです。

当時、政治など興味もなければ、意味も解っていない自分でも

『何故この人は、こんなことをしたのだろう?』と不思議に思ったものです。


小沢一郎という人は、彼の田中角栄に見いだされ、その腹心であった金丸信から

絶大な信頼を得、47歳で幹事長になった程の人である。つまりジッと待っていれば

総理大臣になれたのに、何で態々自民党から出ていっちゃったのか?


あれから17年、同じ時代を生きた政治家の皆さんは、

亡くなったり、引退されたり、表舞台から消えたりと、

いろいろですが、この人だけは、常に第一線で頑張っています。

なのに何故か総理にならない・・・なれない・・・不思議です。


私見を言えば、国が貧窮している時は、少々乱暴者でも、

強いリ-ダーシップが必要であることは歴史が証明している。

加えて言えば、日本には市民革命のような歴史は無い。

明治維新を指して革命という素人もいるが、あれば欧州のそれとは

全く違う異質なものであって、故に『維新』と言う。

つまり菅さんのような市民運動から国政に関わった人の思想が

今の日本を蘇らせるとは思えないのである。


それに何をしてクリーンなのか?

メディアが視聴率宜しくと面白可笑しくはやし立てる報道を見て

小沢=悪者

と決めつけて、

我々の子供や子孫の将来を素人集団に預けるほうが怖い。


いっそ家族もろとも連れて、韓国か中国に逃げるか(笑)


コメント

メディアの報道には、少し考える必要があると私も思います。報道各社にアイディンティティがない。
もう少し言うと、日本のほとんどの物に無い。
人はナンバー1で力の出る人、ナンバー2で力の出る人
自分でそれを見極める力のある人が、成功者となると思います。

2010/09/14 23:54 | papa

端的且つ的確な感想ですね(^_-)-☆

嘗てマドンナ旋風というものが全国的に沸き上がった時、どう考えても日本語すら明確でないオバサンが国会議員になったことがありましたが……世の中を動かす「風(かぜ)」に対して、如何に毅然と屹立(きつりつ)しているか? と云うことを、先ず自分自身の問題としてシッカリ考えておく必要があります。

2010/09/15 09:16 | 髭

papaさん
コメンティターの一言一言が、政治や経済に大きな影響を
与える事、受け取る我々の判断。いろいろ問われているよね。
髭さん
本質的な部分を語り出せばキリがないですが、それにしても
国の有り様に不安を覚え、それが他の仕組みにも影響してる
ように思えてならないのですよ!

2010/09/15 11:12 | 龍

コメントの投稿