ペットのお墓 ワンハート・ストーン


子供

2012/03/05


2010年、幼い姉弟が放置され餓死した事件。
その裁判のニュースがテレビに流れていた。


若い夫婦が離婚する場合、
大半のケース母親が子供を引き取る。
経済的にも精神的にも大変な苦労だ。
そして将来の再婚とか就職とかの選択枝は
極めて狭き門となる。
そして私の知る限り、
別れた父親は何もなかったかのように
新しい人生を手に入れる。
別れた妻や子供に充分な手当てをしている男性は
私のしる限り殆どいない。


父親に捨てられ、母親に見捨てられた
当時1歳の子供と3歳の子供は、
食べものが無くて餓死した。
想像して欲しい・・・地獄絵図を。
この母親を擁護するつもりはないが、
父親の責任はどうなのか?
母親の性格や性質を知りながら、
子を捨てた父親は誰にも非難されず
裁かれず、のうのうと生きている。


子供にとって親は絶対的な存在である。
小さな家でも、子供部屋が無くても
ゲームが無くても、おもちゃが無くても
親さえいてくれれば、それが一番嬉しい。
親さえいてくれれば,子は幸せなんだ。


若い頃はよく
『子供を捨てるような奴は必ず裏切る』
そういって憚らなかった。
今の立場で、そんなことを言えば
また怒られそうであるが、

こんな事件を見るたびに、
叫びたくなる。
『子供は国の宝なんだよ!』

コメント

この事件は、ただ単にこの母親だけの問題ではなく
もっと深いところに今の何かが問題なように思います。
だた、この親が許されるわけではないですがね。

2012/03/05 23:22 | papa

papaさん
子供の事件が一番堪える。

2012/03/06 12:30 | 龍

コメントの投稿