ペットのお墓 ワンハート・ストーン


勝ち負け

2007/07/03

田舎の高校から都心の大学へ進学してきて、それまでの学校の制服から私服になったとたんお洒落が競争となり、本業そっちのけでアルバイトに、その内今度は夜の街を覚えてしまい、居酒屋からキャバクラへ、そして運悪く?興味本位で入ったホストクラブで、やり手のホストにはまり一本何十万もするシャンペンを何本も空けさせられ、借金返済のため風俗へ。何とも虚しい話である。
子が成人になるまでの親の苦労は計りしれない。20代そこそこの子を見れば親の影がちらつく、そう思うと『大人』の責任を大きい。
それを我が欲や夢のために、人が手塩にかけて育てた子供を、そこまで追い込んでものし上がりたいのかと思うと、奴らの知性や理性を疑ってしまう。

?でもよく考えると、キャバクラで働く女の子に入れ込む男性がいるから、そのお金が今度はホストに流れる。では世の男性諸君は、ホストののために働いているのか?

こんな経験はないだろうか?ほろ酔い気分の夜中の二時。ふと見上げると、まだ明かりが着いているビルの窓。その時自分はどう感じたか。
この時点で勝負は決まっている。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿