ペットのお墓 ワンハート・ストーン


動物供養はいいです

2012/08/26


8月最後の日曜日は久々に動物のご供養。
枚方動物霊園さんの月例法要に行ってきました。
http://www.doubutureien.com/


ここの中沢社長が常々
「動物供養の場が、先祖供養を考える一助になって欲しいのです」

とおっしゃっていたのが、私のなかで大きな壁となっていたのですが、
先月、実家のチビの葬儀をお願いした縁から、寄せていただくことにしました。

「法話」でも「ライブ」でも、ただしゃべったり、唄うだけなら、
そう難しくはないでしょう。
しかし「伝える」となったら、全ての次元が変わってきます。
話しも大切ですが、お勤めはもちろん、法要全体のレベルが低いと駄目ですし、
もっと最近感じるのは、関係者の人間的感性が乏しいと、
お涙ちょうだいの茶番劇に終わってしまいます。

さて!
久々の法要ということもあって、いつになく緊張したのですが、
『あれ?月例じゃないの?』と目を疑うほどの参加者の多さに、
自動でスイッチは入っちゃったのか?良い気分で話せました。

ついでに来月の法要も引き受けちゃったのですが・・・・
ともかく・・・動物供養はいいです!
人本来の優しさに触れることができる数少ない場面です。

さあ!
明日から東京です!
大切な方々との、濃い時間が待っています(笑)
楽しみです。

 

コメント

人の法要であれ、ペットの法要であれ、そこに関わる者の人間的感性・宗教的情操が
備わっていることが求められます。

私自身も最近切実に感じることです。

2012/08/27 01:04 | 正

他人は自分を映す鏡也!(笑)

2012/08/29 16:43 | 正さん

コメントの投稿