ペットのお墓 ワンハート・ストーン


光のルネサンス

2011/12/22

昨日は所用で大阪へ。
京阪淀屋橋をあがると、土佐堀沿いに綺麗なイルミネーションが!
クリスマスを彷彿させる幻想的な空間です。

そこは、今話題の大阪市役所の横です(笑)
看板を見ると
『光のルネサンス』と・・・詳しくは↓
http://www.hikari-renaissance.com/
しかし・・・凄い電力を使うんでしょうね。

このブログでは、極力、政治的な話しや社会的な話しは
避けてきたのですが、今日は原発について書いて見ます。

原子力発電が例え安全であろと、いかなる津波対策が施されようと、
『使用済燃料』という核のゴミは出ます。
このゴミは放射能を含んでおり、これを地底深く長年保管しないと
いけないやっかいなものだそうです・・・・
そんなものを、遠い未来の子供達に、残していいわけがありません。
誰のために原発が必要なのか?
多くの大人は、その答えを解っているのはずです。
私は、そう考えてます。
『光のルネサンス』が無くても、人は幸せに生きていけますから。

コメント

厄介な原発を造ったのも、それを必要とする今を造ったのも我々
解っている答えに向かって行くまでには、それを使い社会経済を安定させながら
答えに向かって行けば良いのではと思います。
ダメばかりではなく安全確認がとれれば稼動して使わない未来の為のエネルギーにしてはどうでしょう?
「光のルネサンス」あってもええんちゃう?

2011/12/22 23:38 | papa

papaさん
難しいテーマだけに、考え方もいろいろです。

2011/12/23 21:26 | 龍

コメントの投稿