ペットのお墓 ワンハート・ストーン


信頼関係

2012/02/07


もう二月ですね。
ホント時が過ぎるのは早いです。
普通の坊さんだったのが、動物供養に関わって九年目を迎えます。

その間、沢山の方と出会い、そして別れがあります。
例えば、出会った頃は意気投合して仲が良かったのが、
年月の経過とともに合わなくなった・・・?
仕事やプライベートに関わらず、ある事です。
しかしながら、出来れば仲良くやっていきたいものです。

とかく利害が絡む場合、互いの存在が必要枠でなければ
続かないのが人間関係ですが、これはあながち家庭でも、
友人関係でも、寺と檀家においても言えることじゃないでしょうか?

私は、常々
『信頼関係とは、飲み会では築けない。経験と実績の中から築けるもの』
と言い続けていますが、その思いは、この九年間変わらぬ想いです。
しかし、時に自己欲求の満足のために、歳月をかけて積み上げてきた
信頼関係を崩す人もいます。

さて!
来週は立ち上げ当初から仲の良い彼と、
昨年あたりから仲良くなった方と
ひつ月遅れの新年会です。
この先も、ずっと良い関係を続けていきたいです。
楽しみです!


信頼関係とは、飲み会では築けない。経験と実績の中から築けるもの・・・
相手が苦しい時は、可能な限り応援をしてやり、
損のない範囲で支えてやる。
応援してもらった者は、その好意に対して、常識ある行動をとる。
とかく利害が複雑にからむだけに細心の注意が必要である。
努々自己欲求を優先すべきでない!
まして
例え小さくとも、従業員を抱える者や
信仰に支えられて生活している者は
そのことを御座なりにすれば、
そこに存在する意義そのものが無くなる。
自分という存在を、思えば思うほど、
私は、そう思うのである。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿