ペットのお墓 ワンハート・ストーン


今日もどこかで 

2009/06/18

お客様からのお便りです。
今回のオーダーは正直難しかったです。
何度か、『これは、無理かもしれない』と思いましたが、
亡き子へのお客様の想いが、支えとなって踏ん張れたと思います。
北川さんも吉田君も、満足のいく仕上がりではないでしょうか?

頂いたお便りです。


愛犬ミルのワンハートストーンの製作に、

誠意をもって関わって下さった皆様に心から御礼申し上げます。

彫って下さった方の愛情をも感じる心のこもった仕上がりに、

大変満足しております。

 現在、私の一日は、

朝いちばんに生前の面影を残すミルの身体に腕をまわし、

頬ずりしてから始まります。ストーンとはいえ、

ちっとも冷たさは感じません。

 むしろ温もりを感じて癒されております。

 一人でも多くの方が、ペットを亡くされた悲しみや寂しさから

早く立ち直られますように・・・

 またワンハートストーンで癒されますように・・・

お祈り申しあげます。


有り難うございました。

自分達が間違ってないことを信じて

これからも頑張ります。


コメント

お客様からの感謝や労いや応援の言葉は本当に、
勇気ずけられますね。私は、追い込まれたり、難しい問題に直面した時に、本当に逃げ出したくなります。しかし逃げるわけにも行かず、田中社長と同じように、自分を信じて泣きながら進んでいます。
お客様の声は本当に、力になりますね。

2009/06/25 16:21 | 桜

桜さん
良く処世術という人がいますが、真の処世術とは桜さんの『泣きながら進む』姿勢ですね>

2009/06/26 10:25 | 龍

冷たく無機質な石の触感。
そこにぬくもりを感じてもらえるなんて、
製作者側からするとこれ以上ない、
感謝の言葉ではないでしょうか?

泣きながらでも突き進むしかありませんね、社長!

2009/06/26 11:12 | 了

了さん
泣きながらでも進みましょう!

2009/06/26 15:45 | 龍

ありがとうございます。

この言葉をもらえる仕事は
やりがいがあります。

辛い仕事であっても
「ありがとう」を聞けただけで
その苦労は報われますよね。

最近、趣味で踊りを習い始めましたが、
自分が楽しむだけではなく、
見ている人から
「ありがとう」と言ってもらえるような
踊りを目指そうと、練習に励んでいます。

2009/06/28 10:15 | 秋桜

秋桜さん
【有り難う】って中々言えないですよね。
それを言ってもらえる仕事を素晴らしいでしね。
頑張ってください。

2009/06/28 18:43 | 龍

コメントの投稿