ペットのお墓 ワンハート・ストーン


ペット博出展(1)

2007/04/05

殆どの人が家族や自分の『死』を意識していない。
仮に寿命や事故・病気などの理由で危篤状態に陥っても。
でもそれとは別に『死んだ時』どうするか?知識として知っておかなければ、
その時になってどうしたらいいか判らないと大騒ぎするのがオチである。
それはペットの場合も同じ。 ペット同伴で遊びに来るイベントにお墓を出展する?
考えてみれば確かに違和感はあるが、実際に出展してみると答えは様々で、
『こんな可愛いお墓あったんだ~。その時のことも考えておかないとね~』と
カメラのシャッターを押す人。
『やだ~これお墓?』と立ち去る人。
そして生前の姿を思い出しながら、撫でていく人。
対応は様々である。人の場合もペットの場合も同じ。

いつも聞く言葉『突然のことで・・・』
事前に知っておくと、知らないとでは雲泥の差が生じる。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿