ペットのお墓 ワンハート・ストーン


サクラ

2009/03/21

京都も来週あたりから桜が咲き始めそうです。
まあ賑やかなことですが、個人的には桜は嫌いです(笑)

当たり前のことですが、咲く前から散ることが解っていて、
また咲き始めから満開時、そして散った後の孤独感、
その落差が激しい。
さらに言えば、つぎ咲くまでに、
一年も待たないといけないんですよ?
慌ただしく過ぎる一年はアッとう間ですが、
ただ待つだけの一年はあまりにも長い時間です。

散りゆく姿に、自分の一生を重ねあわせて、
ため息なんかついたりして・・・嫌ですね(笑)

まあ有り難いことに、
来週半ば当たりから忙しくなりそうな気配。
気がつけば、
何事もなかったかのように散っているんでしょうね。

コメント

桜は日本人にとってとても意味のある花なんでしょうね・・・

実は私も桜は嫌い(笑)

余命半年の宣告を受けた父が上野の桜を見たがって病院の外出許可を得て見に行った記憶が蘇ります
最後にどうしても見たかったのでしょう

桜の下は笑顔でいっぱいなはずなのに笑顔で無い人も結構いる事に気がついたのもこの年の桜からでした

それから・・・
桜の花が咲き散りゆくまでの間 花粉症(桜限定)の症状に悩まされる日々・・・(笑)

だから桜は大嫌いです

二人のお花見は絶対無いですね(大笑)

2009/03/23 10:48 | bibi

人の一生も同じですね?何時か終わりが来る。
それを意識していると、いないとではエライ違いですね。
追記
サクラだけがお花見ではないと考えれば、あるかもです(笑)

2009/03/23 11:58 |

コメントの投稿