ペットのお墓 ワンハート・ストーン


お盆

2008/07/10

1ケ月近くも更新できず申し訳ありませんでした。
『忙し過ぎて・・・』等と言い訳をしても仕方ないのですが、

先日もジャパンペットセレモニーの藤本社長から電話で「最近電話がないので、中国か韓国に永住したのかと思いましたよ・・・」と。
出来れれば永住したいですが、そうもいきませんね。

さていよいよお盆の時期になりました。
この時期になると亡き祖父のことを思い出します。初孫であった私を、祖父は良く可愛がりました。そして何より、私が僧侶になることを強く強く望んでいましたし、実際亡くなる今際の言葉は「坊さんになれよ」でした。
残念なことに祖父は、私が修行を終えて僧侶になった姿を見ずに他界しましたが、逆に死んでしまっているからこそ、僧侶以外の道を選ぶことは、祖父への背任行為に思えて、いわゆる「バチが当たる」的発想で、他の道へ進むことを躊躇していたように思います。
 その反面、それでも自己表現の場を音楽やいろんなところに求めて、もがいていた時期が相当長く続きました。今もその延長にあるようなものです。ただ大きな違いは、自分が僧侶である本質からは決して離れていないことです。
 祖父の最後の言葉は正確には
「偉い坊さんにならんでいいから、人から好かれる坊さんになれ」
でした。受け取り方では、どうにでも受け取れる言葉ですが、その意味するところは、共に暮らした私にしか解らないところであり、私自身が受け止めた答えが、祖父の言葉だと信じています。

祖父とも父とも違う生き方を選んだ私ですが、同じ坊さんです。
そして幾ら忙しくても、疲れていてもお盆は必ずやってきます。

コメント

偉い坊さんにならんでいいから、人から好かれる坊さんになれ

お坊さんに限らず・・・人として、どんな職業でも同じく大切なことですね (^_^)

かといって、八方美人な自分にも辟易。

こうやって迷い悩みながら、
毎日もがき続けています。

2008/07/13 09:34 | 秋桜

 ご無沙汰しています。お元気ですか?
 普通の人なら、極力争い後とは避けたいし、人には嫌われたくないと思うもの。誰しもが八方美人かも?ですね(笑)自分の信じた価値観、さらには経験と実績がきっと良い方向に導いてくれるのではないですか?『今だから出来ること、それを決して忘れないで(Byキラキラ)』

2008/07/15 23:52 | 龍

コメントの投稿