ペットのお墓 ワンハート・ストーン


お盆の終わり

2011/08/16


今日16日は、五山の送り火。
御先祖を送るお盆の行事です。

そんな夕刻、ご供養の依頼の電話。
8月11日の猫が亡くなって、火葬はしたが
お葬式のお経をあげてもらっていないので、
ご供養してもらえないか?
という内容。

親や子が亡くなっても、葬儀(僧侶のお経)はせず
直葬(そのまま火葬場へ)が平然と行われる今の世の中。
お盆の終わりに、一番お盆らしい
人間本来の優しさに触れたような気がした。

 

 

コメント

やっぱり、あなたのやっている事は間違っていませんね。
お盆にお盆らしい話なんて、そうあるものでも無いでしょう。
古臭い詞ですが、「山あり谷あり」これですね。
「隠れてた青い空はどこまでも繋がっている♪」
今はちょっと見えにくいだけ、頑張りましょう。

2011/08/16 23:11 | papa

papaさん
いい話でしょう(笑)
時には坊さんやってて良かった!
って思える時があります。

2011/08/17 15:17 | 龍

コメントの投稿