ペットのお墓 ワンハート・ストーン


おしょらいさん

2012/08/06


お盆の「精霊」のことを、京都では「おしょらいさん」と言います。
この「おしょらいさん」をお迎えするのに、その地域や宗派で、
様々な習慣があるのですが、
私のところでは「七日盆」といい、
8月7日にお墓にご先祖をお迎えにいく習慣があります。
当然、墓掃除はその前に済ませておかないといけません。


京都府福知山市大江町
鬼伝説の残る、山深い過疎の村に母方の先祖が眠るお墓であります。
昨年までは母が、人に頼んで掃除などしてもらっていたのですが、
その母が亡くなったので、私と弟の二人で近所挨拶兼ねて墓掃除に行ってきました。
放置された山墓の、草の繁殖力は半端じゃありません(笑)
墓石が見えないほど生い茂っていたのですが、
2時間程かけて狩り取りました。おかげで今も筋肉痛です。

お盆が過ぎると、此処のお墓は全て、弟が住職をするお寺に移転します。
この地でお盆を迎えてもらうのも、今年が最後です。

掃除が終わった後、子供の頃に泳いだ由良川の支流を見に行きましたが、
40年変わらぬ景色に驚きです。この村では時間が止まっているかのようです。
月末、お墓の移転に来る時が、この景色の見治めかもしれません。
ともかく、京都もお盆が始まります。

 

コメント

龍ちゃん、生きているんだねぇ、なんか感動しました。

2012/08/06 22:55 | papa

papaさん
連日ご苦労様です!

2012/08/09 11:03 | 龍

コメントの投稿