ペットのお墓 ワンハート・ストーン


『ケンタ』という人物

2012/11/21


今日は隣町に行った時に
面白いポスターが駅に貼ってありました。

この『ケンタ』という人物は、
2009年の総選挙で自民党から出馬するも小選挙区では落選。
比例で復活当選しました。つまり『自民党票』で議員になった方です。
ところが先日、その自民党を離党して日本維新の会に入党しました。
おかしな話です・・・民意は自民党なのに、その議席が日本維新の会の
議席となりました。

さらにこの人物のおかしなところは、橋本氏について公開討論会や自身のブログで
「僕らも橋下代表には言いたい放題言う」
「もはや、最初と違ってお客さんではない」
「国政における決定は議員団ですべきことを橋下代表も認めた」
等と発言し、当の橋本氏から
「松浪議員だって、日本維新の会に所属しなければ、
こうやって天下の朝日新聞にブログのチェックなんかされなかった」
「日本維新の会に所属しなくでもいいではないか」
と批判されたが、その矛先を報道したマスコミに向けて批判し、
今度は、
「橋下徹という政治家は特別な存在である」
と言い放つ。

でも一番おかしなことは、自分の選挙ポスターの
しかも顔の上に
『橋本徹来る!』のビラが貼ってあること。

さらに言えば、そのことに違和感も
もっと言うとプライドもない本人や選対の方々に
思わず『大丈夫?』と・・・。
これが彼らの言う『維新』なんでしょうか。

コメント

票が取れれば、なんでもいいのでしょうね。

2012/11/21 22:32 | papa

papaさん
世の中全体が、なんでも有りみたいな状態ですね。

2012/11/24 12:56 | 龍

コメントの投稿