ペットのお墓 ワンハート・ストーン


『こころ』

2007/10/25

一番好きなシンガーは?と尋ねられたら迷わず『小田和正』と答える。その小田さんの曲で『こころ』という新譜(時期的には新譜でもないが)に随分と癒されることがあった。

オフコース時代からずっと好きで、特に最近は歌詞に込められたメッセージのようなものを自分勝手に都合の良いように解釈して納得しているのだが、この曲も同じように、歌詞の世界にのめり込んでいった。
こころの感情や想いを『言葉』に表すのは難しい。それは例えば行動なんかでは伝わることもあるのだが、言葉だけで伝えるのは本当に難しい。意図していることをまともに表現すれば大きな誤解をまねくこともしばしば・・・。だからこそ相手にとっては表裏に想えるような表現を選択することも多々ある。

ただこの曲が伝えているのは多分、思い続けることの大切さ、願い続ける、祈り続ける
ことの大切さ、それがどんどん強くなれば、それは揺るぎない信念となって、如何なる
困難にも負けない強い意志を育むんだということを教えられたように想った(と勝手
に解釈している。

「君のために出来ることは、ほんの少しだけど、『こころ』は他の誰にも絶対負けないから・・・」

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿