ペットのお墓 ワンハート・ストーン


住職の社長日記

道のり

2015/09/10

2015年9月9日、台風が接近する大雨のなか、新幹線で新横浜へ向かいました。 横には、大阪から乗込んだ、正福寺・須原師。 同じ動物供養協議会の理事です。 新横浜で合流するは、 東京・常福寺、津村師。 静岡・宗徳院、松永師。 千葉・長松寺、青野師。 計五名の理事。 この日、一般社団法人『全国ペット霊園協会』の理事会との初の...

コメント(3) |  »続きを読む

ペット供養、ペット葬儀

2014/06/05

先月の28日、千葉県市川市に長松寺で 動物供養協議会の総会が開催されました。 http://www.pet7676.com/ この会は2008年に、ペット供養に関わる寺院、 ペット霊園、石材店などが発起人となり、 設立された組織であります。 さて、 私がペット供養に関わりだした2005年頃から 『ペット供養』とりわけ『ペット葬儀』という 言...

コメント(0) |  »続きを読む

散る桜 残る桜も散る桜

2014/04/09
1-3

この桜並木は横浜根岸線の新杉田駅からシーサイドラインに乗り替えて、 市立医学部前で降りた風景です。 http://www.seasideline.co.jp/ この先にあるのが、『日本ペットセレモ』です。 ここ3年ほど春秋の年二回、供養祭に来ています。 それでも毎回来ていれば、お馴染みさんも増えて、 楽しみにし...

コメント(1) |  »続きを読む

宗徳院の供養祭

2013/05/13

御無沙汰です。GWの最中に体調を崩しましてすっかり放置しておりました、申し訳ありません。まだすっきりとはしないのですが、法務(寺の仕事)が重なりドタバタでしたので一応明日にでも病院にいくつもりです。体調管理も大切な御役目であります。 さて昨日は、静岡市清水区にあります宗徳院の供養祭の法話に行ってきました。眼下には太平洋がひろがる曹洞宗の名刹です。今回も、午前...

コメント(2) |  »続きを読む

最終便にすら乗れないところでした

2013/04/20

御無沙汰しております。中々に忙しない毎日ですが、過日も動物供養協議会の理事会が有り、東京まで出かけていきました。正確には前日の夜に横浜まで行き、友人とかなり遅めの食事をして、翌朝に千葉まで行き、ひと仕事して、午後から世田谷で理事会と・・・夕方から三軒茶屋の焼き鳥屋さんで理事の皆様と会食。少し早目に解散をしたまではいいにですが、帰りの新幹線の切符を渋谷で買おう...

コメント(2) |  »続きを読む

スタイル

2013/04/07

春の嵐に見舞われた日本列島。その真っ只中の6日、7日の両日、横浜市にあるに日本ペットセレモの供養祭に行ってきました。画像のように、海辺の真横にあるので、流石に風は強かったですが雨が夜中のうち降ってくれたので大きなアクシデントもなく無事に終わりました。今回も法話と弾き語りで、想いを伝えてきましたが、中には『何故唄うの?』と思われる方もおられると思います。でも、...

コメント(2) |  »続きを読む

納骨のすすめ

2012/10/22

先日、動物供養協議会http://www.pet7676.com/が制作・配布しています教化資料「納骨のすすめ」の制作会議が担当理事・津村さんhttp://www.joufukuji.com/の呼びかけで行われたので参加してきました。事前に津村さんと寿法寺・川村さんとの間で大まかなすり合わせができていたので、予定の3時間の間で、ほぼ事務作業は済んだのですが、...

コメント(3) |  »続きを読む

2012秋の供養祭その3

2012/10/09

黄昏ていく横浜の海です・・・秋の気配を感じます。 日本ペットセレモは、この海に面したペット霊園、私が知る限りにおいては、一番素敵な環境下にあります。10月6日、7日は、日本ペットセレモの供養祭。両日で400名ほどの方が見えます。潮の香りを感じながらの供養祭も今回で三回目ですが、既にお客様との良い距離感が出来上がっていて、昨年に続いて、ユーストリームでの同時配...

コメント(2) |  »続きを読む

2012秋の供養祭その2

2012/10/02

世田谷区烏山・常福寺の供養祭。僧侶方はじめ、スタッフ方々のチーム力で素晴らしい供養祭でした。そして翌日は、上馬の感応寺供養祭2007年の3月25日に、東京の感応寺で初めて、動物供養の法話をしました。通常のお彼岸やお盆の法話ならともかく、動物供養の法話集などあるわけではないので、当時は話しの組み立てに、それなりに大変な思いをしました。あれから春と秋の年2回、ま...

コメント(6) |  »続きを読む

2012秋の供養祭その1

2012/09/25

楽しみにしている和尚のブログに、法話する和尚の心得として、「明日の説教は、あるがままの状況下で全力を尽くすだけだ」とありました。全くその通りです。話しも歌も、実力以上のものは本番では発揮できません。日々の鍛錬こそプロの証です。秋のお彼岸も終わり、秋の供養祭のシーズンです。毎回行くお寺や霊園さんは、毎回参加の方がほぼ半分になりますから、定番の話しを続けるわけに...

コメント(4) |  »続きを読む